おたふく風邪 予防接種 時期

おたふく風邪は時期をみて予防接種をしましょう

スポンサーリンク

おたふく風邪はムンプスウイルスというウイルスに感染することでなる感染症のひとつです。
特徴のある症状として耳の下が腫れてくるので、おたふく風邪にかかったと気がつく場合がほとんどです。
しかし、症状が出てくるころにはすでにウイルスは体内で十分数を増やしていて、周囲にウイルスが飛び散っている状態なのです。
症状が出る前に気がつかずに人に移してしまっているので、保育園や幼稚園、学校などの集団でいる子どもたちの間で流行してしまいます。
子どもは比較的症状が軽くすむことが多いのでそれほど心配することはありませんが、指定感染症なので学校や保育園などに行くことはできません。
腫れが引いてウイルスが出なくなるまでは休む必要があります。
スポンサーリンク

おたふく風邪は普通だと軽くすむのですが、こわい所は合併症があるところです。
重症化すると髄膜炎や脳症になったり、難聴になるおそれもあります。
そのような重症化を防ぐためにも予防接種は有効です。
予防接種は任意で受けることになります。
受けられる時期としては満1歳をすぎると接種可能になります。
保育園に入れることを考えている場合は、できるだけ早めが良いでしょう。
その後、数年してから2回目の接種をすると、ほぼ効き目は有効になると考えられています。
予防接種を推奨されている時期がすぎてしまっても、医師に相談してみるとよいでしょう。
おたふく風邪にかかったことがある人は、体内に免疫ができているので予防接種の必要はありません。
スポンサーリンク