おたふく風邪 片方ずつ 症状

おたふく風邪の症状は時間差で片方ずつ現れることがある

スポンサーリンク

おたふく風邪は子供の頃に罹りやすい病気です。
大人になってから感染すると重症化しやすいとう特徴もあります。
おたふく風邪は、ウイルスに感染してから2〜3週間後に発症します。
ムンプスウイルスというウイルスに感染すると唾液腺内部でどんどん増殖します。
そして2〜3週間の潜伏期間の後に発症して、耳の付け根から頬の辺りが腫れ、まさに「おたふく」のように見えます。
この腫れは左右両方に起こることもありますし、片方だけの場合や片方ずつ交互に腫れてくる場合もあります。
発症後2日でピークを迎え、3日目以降は回復に向かいます。
ただし、片方ずつ発症する場合、腫れの引きには左右それぞれで時間を要しますので、完全回復にもそれだけ時間が掛かります。
スポンサーリンク

おたふく風邪の症状には腫れ以外にも「高熱」「首の痛み」「頭痛」「腹痛」があります。
おたふく風邪を発症すると38度以上の高熱を出すケースが多いです。
ムンプスウイルスに感染しても、潜伏期間中に気づくことはまずありません。
発熱や耳の付け根・頬の腫れといった症状を見て気づく場合が圧倒的に多いのです。
まず38度以上の発熱があり、その後24時間ほどで腫れてきます。
ただし、大人が発症した場合は重症化しやすく、40度を超える発熱や、男性ならば睾丸炎を引き起こすことがあります。
この睾丸炎が原因で、生殖機能にダメージを受けることもあります。
おたふく風邪は一度発症すると体内に抗体ができるため、二度と発症することはまずありません。
任意で予防接種を受けることも出来ますので、免疫を保持していない方は利用すると良いでしょう。
スポンサーリンク