反復性耳下腺炎 病院 何科

反復性耳下腺炎は病院の何科を受診すべきか等について

スポンサーリンク

反復性耳下腺炎とはその名の通りに耳下腺の炎症を何度も繰り返すという疾患で、顎下腺に炎症が起きる場合もあります。
具体的には耳下腺の炎症を1年に1〜5回程度繰り返し、それが数年に渡って続くという場合の事を指します。
ちなみに耳下腺に炎症が起きると聞くとおたふく風邪を思い出しますが、反復するか否か等で判断する事が出来ます。
 基本的には子供に発生する事が多いとされている疾患で、早い子供ならば1歳未満で発症したというケースも存在しています。
5〜6歳程度でピークを迎えると言われていて、12歳を過ぎると発症する確率は目に見えて減少します。
 反復性耳下腺炎が発生する原因については明確になっていない部分も多く、現在でも研究が続けられています。
ただ今までの研究結果として耳下腺の先天的な異常、何等かのアレルギー反応、内分泌の異常等を原因とする説が有力になっています。
それ以外にも疲労の蓄積や虫歯の放置、上気道に何等かの細菌等が感染する等が原因としても考えられています。
スポンサーリンク

 反復性耳下腺炎を発症した場合に現われる症状としては、特によく知られているのが耳の下部分の腫れになります。
左右どちらかだけが腫れる事が多いのですが、両方が同時に腫れたり交互に腫れたりする場合もあります。
基本的にこの腫れは2〜3日程度で落ち着いてくるのですが、たまに1ヶ月以上継続する人もいます。
 ちなみに炎症が起きるとなると発熱もあるのではと考えますが、この疾患で発熱が現われる事は基本的にはないとされています。
 反復性耳下腺炎を発症した場合には病院を受診するのが良いのですが、病院の何科を受診するべきか迷う人も少なくないです。
病院の何科を受診すべきか迷った場合には、耳鼻咽喉科もしくは内科を受診するのが良いとされています。
それ以外にも何科を受診すべきかという選択肢として、総合診療科を選択するというのも正しい判断だと言えます。
 病院で行なわれる治療方法に関しては薬物療法が行なわれる事が多く、抗生剤や消炎鎮痛剤等が処方される事になります。
スポンサーリンク