おたふく風邪 潜伏期間 感染力

おたふく風邪の潜伏期間と感染力について

スポンサーリンク

おたふく風邪は、頬がおたふくのように赤く膨れてしまう症状から名付けられた疾患です。
正確には耳の下部分にあたる器官が炎症をおこし、それによって頬が膨れて見えるといった状態です。
おたふく風邪は、実はそのような大きな特徴以外は、熱や寒気、だるさなどの症状があり、普通の風邪とあまり症状の見分けが付きません。
そのため発見が遅れ、気付いたときには周りの人に感染してしまっていた、ということも少なくありません。
おたふく風邪は、感染力が非常に強いという特徴を持ち、症状の出ていない潜伏期間であっても、患者と話したり触れあったりするだけで空気感染をしてしまうことが多くあります。
一般的に潜伏期間は2〜3週間であるとされているため、潜伏期間中であっても早めに疾患に気づきに、早期治療を行うことが大切です。
少しでも体にいつもと違う異常を感じた場合は、ただの風邪であると自分で判断せず、必ず病院できちんと検査を受ける必要があります。
スポンサーリンク

おたふく風邪は感染力が強いため、一度なってしまうと、感染を防ぐために学校や会社を出席、または出勤停止になってしまうことが多くあります。
治ったとしても、組織が定めた期間中は出席、出勤を停止しなくてはならないため、学業や仕事に影響を及ぼしてしまう可能性があります。
また、特に大人がなってしまった場合は、子供よりも症状が重く、合併症のリスクも高くなってしまうため日頃から予防をしておくことが大切です。
一番のオススメは予防接種です。
おたふく風邪に免疫のあるワクチンを打つことで簡単に予防することが出来ます。
また、もうひとつは生活習慣の改善です。
不規則な生活を送りがちな人は体の免疫力が低下し、様々な疾患を抱えてしまう可能性が高くなります。
食事、運動、睡眠を適度にバランスよく取り、健康的な生活を送ることが何よりの予防法であると言えます。
感染力の強いおたふく風邪になって自分、または周りの人々に迷惑をかけないためにも、以上のようなことに気をつけ、日々を健康に過ごしましょう。
スポンサーリンク