おたふく風邪 腹痛 原因

おたふく風邪の原因と注意したい腹痛

スポンサーリンク

おたふく風邪は正しくは流行性耳下腺炎と言います。
耳の下の耳下腺炎がムンブスウイルスに感染して起こる病気でムンブスとも呼ばれます。
10歳ぐらいまでの子供がかかりやすい病気として知られています。
2〜3週間の潜伏期間の後発病します。
人にもよりますが、多くは高熱が出たあとに耳の下が腫れてきます。
顔の両方が腫れる場合がほとんどですが片側だけの人もいます。
また、顎の下も腫れてきます。
症状は1週間前後で消えていきます。
おたふく風邪は空気感染する病気です。
子供がかかったら感染の拡大を防ぐため幼稚園や学校などは休ませたほうがいいでしょう。
大人はあまりかからない病気ですが、もし感染した場合は重症になるケースが多く見られます。
特に妊婦はお腹の中の子供に影響するので気をつけなければなりません。
スポンサーリンク

子供のおたふく風邪はほとんどが軽い症状ですみます。
発熱、嘔吐、頭痛、腹痛などの症状が出たあとで回復に向かいます。
しかし、恐ろしい合併症を引き起こす原因ともなるのです。
脳炎や髄膜炎や難聴等の原因となります。
思春期前後にかかった男性は精巣炎になりやすくまた、女性の場合は卵巣炎を引き起こします。
両方の場合とも不妊症を引き起こしたりするので厄介です。
強い腹痛や吐き気がひどければ合併症の恐れがあるので医者に相談しましょう。
子供も難聴になる場合があるので注意しましょう。
おたふく風邪の対処法は、腫れたところを冷やし、水分を十分に与え静養させましょう。
食事は柔らかい物を食べさせましょう。
一度かかれば免疫が出来ます。
伝染る可能性があるので看病は免疫のある家族が行ったほうがいいでしょう。
スポンサーリンク