おたふく風邪 2回目 症状

2回目のおたふく風邪の症状がでたら

スポンサーリンク

基本的におたふく風邪は一度なれば、再び発症することはほぼありません。
ごく稀に二回かかってしまうことがあります。
2回目の場合おたふく風邪の原因となるウイルスではなく、他のウイルスによって症状が起きていることもありえます。
病院で診察してもらう時に、一度おたふく風邪になったことを伝えれば検査をしてもらえます。
調べてもらえば、何が原因なのかを知ることが可能です。
2回目にかかるものには、特徴があり何度も繰り返し同じ症状でやすくまた片方だけ腫れるということが多いです。
おたふく風邪のようにみえても、症状が軽いことが多いのできちんと治療を受ければ短期間で回復できます。
予防注射などで免疫ができていても、違うウイルスが関わっていると効果はありませんので注意しておくとよいです。
スポンサーリンク

大人になったとしても、2回目のおたふく風邪になることがあります。
抵抗力が弱くなったなど、様々な理由で発症してしまいます。
そして、人にうつしてしまう恐れがあるので、症状がある時はできるだけ人との接触は避けることです。
大人になってからだと、熱などの症状がありますが男性ならば精巣炎、女性なら卵巣炎にかかることもありますので、子供がかかる病気と考えずに早めに医師に相談して対処することが大切です。
腫れているところは冷やして、水分をしっかりと補給することです。
当たり前ですが治るまでは安静にしておくことが重要になります。
病院に行けば、解熱剤など適切な薬を処方してもらえるので早めに対応することで、体に大きな負担をかけずに治すことができます。
スポンサーリンク