おたふく風邪 症状 予防

おたふく風邪の症状と予防方法について

スポンサーリンク

人々にとって病気は切っては切れない存在にあるかもしれません。いろいろな感染症がある中で、おたふく風邪もかなり怖いウイルス感染症だといえます。
このサイトでは、そんなおたふく風邪について詳しく解説をしていきたいと思います。
おたふく風邪とはどんな症状なのかというと、耳の下の腫れを特徴とするウイルス感染症です。片側あるいは両側が大きく腫れて高熱が出るという症状があります。
ムンプスウイルスによって感染し、一般的には、一週間程度で、完治する病気ですが、日本では毎年200万人の人が発症しています。
おたふく風邪は、患者さんとの接触を介して感染していきます。多くの感染者は3歳から6歳までの子供が最も多いです
症状がどのように現れてくるかといいますと、両側の耳の下を中心として、顎下腺の腫れが起こります。
そして通常の症状は発熱を伴います。

スポンサーリンク

怖いのが合併症で、無菌髄膜炎、思春期以降の男性では精巣炎、女性では卵巣炎を起こすと言われています。
さらに重症な合併症として、最近の研究で、1000人に一人の確率で難聴があると言われています。
このような状態には絶対になりたくないですよね。だから事前に予防することがとても重要になってきます。
治療方法としては対症療法になっていきますので、一番有効な方法としては、集団生活での感染を防ぐために、事前にワクチンで予防しておくことが最も有効な方法です。

 

学校保健安全法で第二種の感染症に属しており、おたふく風邪が治るまでは登校ができなくなります。
おたふく風邪は非常に辛い病気なので、事前に予防接種や、生活習慣を整えておくことが必要となってきますよね。とくに成人になってからは、卵巣炎、精巣炎になってしまいますので大げさカもしれませんが、人生が変わってしまうかもしれません。
そんなことになっては絶対なってはならないので、普段彼あの予防がとても大切になってきます。
早めの予防、そして生活習慣を整えておきましょう。そうやって健康的な体を日々作っていくように努めていきましょう。

スポンサーリンク